DIGIDAY[日本版]DIGIDAY[日本版]

「もはや様子をうかがっている時ではない」: GDPR に関する警告を、英機関がアドテク企業に再発信

英国の情報コミッショナー局(IOC)は6月、アドテク業界に対して、RTBを介するプログラマティック広告取引における、個人情報の現行の取り扱いがコンプライアンス違反であると通達。さらに9月、同機関のアリ・シャー氏はイベントで、アドテク企業に当局への歩み寄りを促し、そうすれば罰金は科さないと約束した

The post 「もはや様子をうかがっている時ではない」: GDPR に関する警告を、英機関がアドテク企業に再発信 appeared first on DIGIDAY[日本版].

DIGIDAY[日本版]DIGIDAY[日本版] 2019/09/18(Wed) 16:50

Twitch のブランデッドゲーム、「双方向性」をアピール

Amazon傘下のゲーム専用ライブストリーミング配信サービスのTwitchが、双方向ゲームのストリーミング配信の購入を広告主に呼びかけている。視聴者がゲームを見ながらゲームのプレイヤーに指示を出せる、ライブストリーミングとビデオゲームのハイブリッドコンテンツを広告主とエージェンシーに売り込んでいるのだ。

The post Twitch のブランデッドゲーム、「双方向性」をアピール appeared first on DIGIDAY[日本版].

DIGIDAY[日本版]DIGIDAY[日本版] 2019/09/18(Wed) 11:50

夏向けの新アルコール製品を、いかに売り続けるか?:米で人気のハードセルツァー

この夏、アルコール入り炭酸飲料のカテゴリー、ハードセルツァー(hard seltzer)がアメリカを席巻した。夏が過ぎたあとも、アンハイザー・ブッシュ(Anheuser-Busch)は彼らのハードセルツァー、ボン・アンド・ヴィヴ(Bon & Viv)を引き続き売り上げようと狙っている。

The post 夏向けの新アルコール製品を、いかに売り続けるか?:米で人気のハードセルツァー appeared first on DIGIDAY[日本版].

DIGIDAY[日本版]DIGIDAY[日本版] 2019/09/18(Wed) 08:50

【解説】リテールブランドは、いかに「 フラクショナルアトリビューション 」モデルの構築すべきか

DIGIDAY+ 限定記事 ]アトリビューションは長年にわたり、ブランド勢のなかでもとりわけ、マーケティングミックスを本格的に展開するところを悩ませています。さまざまな方法が存在する、アトリビューション分析。最近、ますます人気なのが「フラクショナルアトリビューション(fractional attribution)」です。

The post 【解説】リテールブランドは、いかに「 フラクショナルアトリビューション 」モデルの構築すべきか appeared first on DIGIDAY[日本版].

DIGIDAY[日本版]DIGIDAY[日本版] 2019/09/18(Wed) 06:50

「差別化には強い自信がある」:アトランティック社長、ペイウォールについて語る

アトランティック(The Atlantic)は162年の歴史を誇るメディア企業。同社がデジタルなサブスクへ移行するという噂は2年前からささやかれていた。それがついに9月5日、サブスクリプションサービスについて公式発表を行った。プレジデント、マイケル・フィネガン氏に話を伺った。

The post 「差別化には強い自信がある」:アトランティック社長、ペイウォールについて語る appeared first on DIGIDAY[日本版].

DIGIDAY[日本版]DIGIDAY[日本版] 2019/09/17(Tue) 16:50

脱・スマホ、OMO事業部…国内動画メディアたちの挑戦:スポーツブル、デリッシュ キッチンの事例

2019年9月4日、動画配信プラットフォームベンダーのブライトコーブが主催するイベント「REC ONE(レック・ワン)」が開催された。当日登壇した、スポーツ専門動画メディア「スポーツブル」と料理動画メディア「DELISH KITCHEN」の、オンライン/オフラインの垣根を超えた取り組みに迫る。

The post 脱・スマホ、OMO事業部…国内動画メディアたちの挑戦:スポーツブル、デリッシュ キッチンの事例 appeared first on DIGIDAY[日本版].

DIGIDAY[日本版]DIGIDAY[日本版] 2019/09/17(Tue) 11:50

スキンケアのイオス、4倍にした「メディア予算」の内訳:その大半をデジタル動画に投資

卵型のパッケージに収まったリップバームで有名な、創業10年のスキンケアブランドであるイオス。同社がブランドの刷新を実現するため、対前年比でメディア向け予算を4倍にしている。さらに、その予算の大半をデジタル動画に投資する予定だという。

The post スキンケアのイオス、4倍にした「メディア予算」の内訳:その大半をデジタル動画に投資 appeared first on DIGIDAY[日本版].

DIGIDAY[日本版]DIGIDAY[日本版] 2019/09/17(Tue) 08:50